top of page
  • 執筆者の写真Creanage

カルトナージュとは

カルトナージュ(Cartonnage)は、フランス伝統の厚紙工芸。 厚紙で組み立てた箱などに紙や布を貼り付けて仕上げるハンドメイドです。 『厚紙』を意味する「カルトン(Carton)」が語源です。カルトナージュは世界各地で楽しまれています。


18世紀頃、南仏で蚕を入れる紙箱に装飾を施した物が発祥と言われています。 また、一説にはフランスの皇帝・ナポレオンが妻のジョセフィーヌのために美しい装飾を施した箱に宝石を入れて贈ったといわれ、それが上流階級の人々に広まったものともいわれています。


カルトナージュで使用する道具

・厚紙(1mm.2mm.3mm)など作品の大きさや用途によって様々な厚みを使い分けられています。グレー台紙が一般的です。

・ケント紙 側面や底面の裏打ちに使用されます。

・ボンド 専用のボンドや、ボンドを水で薄めて使用するなど様々です。

・クラフトテープ(水貼りテープ)

片面に乾燥した接着材を塗布されている紙テープで、切手のように糊面に水分を適量含ませると接着できます。組み立てに使用される。(使用しないやり方の場合もある)





クリエナージュとは?

フランスの伝統工芸『カルトナージュ』(cartonage)を現代風にアレンジ。

従来の方法よりも簡単に、綺麗に短時間で作れる合理性を極めたカルトナージュです。

クリエナージュデザイナーコースでは、製図の基本から学び、キットなしでも自由に作品が作れるようになります。カリキュラムはベーシック、アドバンス、エキスパート各4作品の合計12作品。初心者の方から、経験者の方まで幅広く楽しんでいただいています。


受講者の感想はこちら


カルトナージュを通信講座で学びたい方に

クリエナージュデザイナーコース通信講座はこちら https://www.creanage.com/online




閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page